いぶるについて

軽井沢いぶるについて

冷たい煙で、美味しくなる。

軽井沢いぶるは、冷たい煙で燻す「低温燻製」。
素材の奥に眠る「旨み」を、じっくりじっくり時間をかけて引き出すのです。
軽井沢の工房で、ひとつひとつ、作っています。

With Cold Smoke, It Tastes

Smoking is not just flavaring foodstuffs;
it awakens hidden taste within the ingredients.
We cold smoke them,one by,one, with sincerest devotion.

軽井沢の自然

軽井沢だからできた味

年間を通じて気温が低く、絶えず良い風が吹き抜ける。 私たちがこだわる「低温燻製」には、この2つの自然条件が不可欠でした。 そのすべてが奇跡的に揃った「軽井沢」に工房を構え、自然と対話しながら、ゆっくりじっくり燻してます。

燻製

クラフトマンシップ

工房には、燻製に情熱を燃やす若い職人が、各地から集まっています。 伝統的な燻製技法を受け継ぎながら、現代の技術で進化させ、これまで不可能とされた素材へも挑戦。 日々、燻製の可能性を広げています。

低温燻製

一般的な燻製は、60~80℃の高温の煙を当て短時間で仕上げます。 しかし、軽井沢いぶるでは、低温の煙をじっくり16時間以上。調味料は、さらに2日間かけて完成させるものも。 繊細な製法ゆえ、温度と時間のバランスも重要。職人は、素材・天候・チップのコンディションに応じて、 毎回ベストな燻製度を見極めます。

燻製器

MADE IN JAPANの燻製

私たちの燻製は、単なるフレーバーや保存法ではありません。 煙のチカラで「熟成」させることで、素材の持ち味を活かしながら、旨みを引き出していく。 海外の、いわゆる「スモーク」とは全く異なる、素材への繊細なアプローチと自由な発想から生まれる、 「日本発の全く新しい燻製」を目指しています。

育てる燻製器

煙のコントロールに特化したオリジナルの燻製器は、職人が大切にメンテナンスし、 長年かけて、内部の燻製層を育て上げてきました。 どんな立派な工場ラインや最新マシーンも叶わない、使い込んだ燻製器だけの、 やわらかく奥行きのある燻製感が出せるのです。

燻製器

燻煙かけ流し

一般的な燻製は、燻製器内に同じ煙を滞留させて香りをつけます。 しかし、軽井沢いぶるでは、常に新鮮な煙を送り込み、循環させます。 まさに、「源泉かけ流し」のイメージ。手間とコストはかかりますが、 古い煙のえぐみ・苦味・酸味がない、清らかな燻香をまとわせることができるのです。

風乾熟成

煙燻製が終わっても、すぐには出荷できません。 風を当てながら5時間以上、静かに休ませる時間が必要なのです。 熟成が進むことで、煙の風味は深部まで馴染み、素材の旨みと一体化。 口に運んだとき、香りのインパクトではなく、素材の旨みを最初に感じていただけます。

会社概要

軽井沢いぶる本店
会社名 株式会社 軽井沢いぶる
代表取締役 小林 太地
本店 所在地 〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉中山628-9
TEL 0267-44-6700
FAX 0267-44-6030
ホームページ https://www.karuizawa-ibulu.jp/
事業概要 燻製品製造・販売